ホーム > 72年館だより

72年館だより 一覧

同窓生の皆様に、72年館(同窓会館)よりメッセージを毎月お届けします

72年館だより 第59回園遊会を終えて

2017年06月01日

 

1959年から毎年開催されている園遊会が、今年も4月29日(土) 大学キャンパスで開催されました(※1991年・1996年は牟礼キャンパスで開催。2011年は東日本大震災のため中止)。にわか雨もありましたが、過ごしやすい天候で緑鮮やかなキャンパスは約2,400人余りの来場者で賑わいました。

 

旧友との再会を懐かしみ、笑い合い、当時を振り返っては語り合っている人々、ゆったりと散策をされているご夫婦、張り替えられたばかりの青々とした芝生のグラウンドでは子供たちがゲームを楽しみ、気持ちよさそうに走り回っていました。ここ数年こうした子供たちを連れた若い家族連れの姿が多く見られるようになってきました。卒業してもこの日は大学を訪れる、母校愛の繋がりを感じる光景をあちこちで目にしました。

 

園遊会は同じことの繰り返しのように見えますが、同じが新鮮に見えるように私たち園遊会委員は1年間かけて話し合ってきました。今年は同窓会が一般社団法人となって初めての園遊会でしたので、“祝”の文字入りのどら焼きの販売をしました。用意した200個は完売いたしました。また特別展「三笠宮先生と東京女子大学」を開催しました。三笠宮崇仁親王殿下は1955年から約20年間「古代オリエント史」の講義をお持ちになっていました。当時の学内でのご様子や学生との交流がわかる写真と資料を展示しました。会場は終了時刻まで人の出入りが絶えることはありませんでした。新しく「スマホでキャンパスを撮ろう」を企画しました。大人から子供まで参加して撮影のテクニックを教わっていました。メインはBellissimaによるバンド演奏でした。「SWEET MEMORIES」で始まった演奏と歌は会場に心地よく響き、皆さん耳を傾けていらっしゃいました。

 

企画を実行に移すときに頼りになるのが同窓生の方々です。特別展は同窓生からの貴重な写真や資料のご提供があったからこそ開催できました(展示の監修は本学准教授高橋修先生にご尽力いただきました)。スマホ講座はカメラマンとして活躍されてる黒田さんが講師を引き受けてくださいました(当日は本学写真部の学生もお手伝いを快く引き受けてくれました)。バンド演奏も加藤さんと柴田さんから2年前にお話しをいただいていて今年お願いすることができました。毎年参加団体を募集するのですが、コーラスや演奏会、企画物や各種展示など同窓生の活動と活躍の幅広さを感じます。

 

また第1回から続いている福引抽選会は、当日会場に来られない方も園遊会の楽しみを味わっていただける企画です(園遊会費をお支払いいただきた方全員が対象です)。賞品は同窓会グッズに加え、園遊会委員会でオリジナルチャーム付き長財布とコインケース、パスケースを考案し商品化しました。特賞から4等まで365名の方が当選されました。

 

当日は多くの同窓生ボランティアの方々がお手伝いくださいました。グラウンドの「子供コーナー」は卒後25年の同窓生を中心に企画運営をしてくださいました。園遊会委員会に携わってみて、園遊会は「同窓生の・同窓生による・同窓生のための」ものであると強く感じました。来年は大学創立100周年の記念の年であり、園遊会も60回目を迎えます。皆さまに楽しんでいただけるような企画をこれからも考えていきたいと思います。また皆さまからの持ち込み企画もお待ちしています。

 

今回の園遊会の収益は全て東京女子大学創立100周年の寄付とさせていただきます。

なお、園遊会は例年4月29日の祝日に行われてきましたが、来年(2018年)の園遊会は4月28日(土)を予定しています。ご注意くださいませ。

 

                             園遊会委員会副委員長 西野佳子


20170572年館だより1.jpg

▲ ページの先頭へ戻る