ホーム> 72年館便り > 72年館だより 広報の写真撮影

72年館だより 広報の写真撮影

2017年04月04日

 

広報委員会の仕事の一つに、写真撮影があります。同窓会の行事の様子を記録として撮影し、事務局にある広報専用パソコンに大切に保存しています。そして、年2回の会報とホームページでの報告用などに使用していますが、なかなか思ったような写真が撮影できず、もどかしく思うこともしばしばです。

 

意外に難しいのが、講演中の講師の写真撮影です。当然のことながら皆さん動かれるので、良い瞬間をとらえるのがひと苦労。また、参加者の邪魔にならないように望遠で撮影することが多いため、かなりの枚数を撮ったつもりでも、ほとんどはピントが合っていなくて採用できる写真はごくわずかといったことが起きます。きっと講師の方々は、掲載されている写真にご満足いかないのではないかと申し訳なく感じています。

 

ホームページにアップする写真の場合、参加者の顔が特定できないよう、会場の後方から撮影したり、皆さんがうつむいている瞬間を撮影します。でも時に、一人だけ顔が写っているといった事も。そのような時は、ぼかすような加工を施したり、園遊会や総会など広い場面に大勢が写っているといった時などは、拡大しても荒い画像になるように画質を落としたり、といった処理をしています。

 

行事の他に、キャンパス内の写真も撮影しています。希望する季節の写真を見つけやすいように撮影月ごとに保存し、主に会報の表紙に用いています。今までの理事の方々が撮影してくださった多くの美しい写真も保存されているので、大変有難く、同窓会にとって貴重な資料となっています。

 

私も広報委員になりたての頃、大学から撮影許可をいただき、キャンパス内を何度か歩いて撮影しました。その折、それまでに見たことも歩いたこともない場所がいくつもあることに気づき、大学生の時はキャンパス内をいつも決まった動線でしか移動していなかったことに思い至りました。豊かな自然に恵まれた美しいキャンパスが誇りであることも、大学生の時には意識していなかったことです。

 

キャンパスの美しさを維持するために、いつもどこかで整備工事をする人の姿を見ることができます。この春休み中にはグラウンド全面が新しい芝になりました。毎年4月29日の園遊会では、グラウンドが「こどもコーナー」となり、多くの家族連れがレジャーシートを敷いて一日ゆっくり過ごす場所です。

 

今年の園遊会の情報は、3月発行の会報に同封されている園遊会プログラムと、同窓会のホームページでご案内しています。ご覧下さり、皆さま是非ご来場ください。

園遊会当日に、腕章をつけ、カメラを提げたエプロン姿を見かけたら、きっと広報委員です。

 

                      広報委員会副委員長  高橋りえ


DSC05289 72年館だより写真.jpg

▲ ページの先頭へ戻る