ホーム > 同窓会について > 会則

会則
第1章 総則
第1条 本会は東京女子大学同窓会(英語表記 Tokyo Woman’s Christian University Alumnae Association) と称する。
第2条 本会は事務所を東京都杉並区善福寺2丁目23番11号におく。
本会は必要な地に支部をおくことができる。支部細則は別に定める。
第3条 本会は東京女子大学建学の精神にもとづき、会員相互の親睦をはかるとともに、社会に貢献することを目的とする。
第4条 本会は前条の目的を達するために次の事業を行なう。
1.会員の福祉増進および親睦に必要な事業
2.東京女子大学の後援
3.会員情報の管理
4.会報の発行、会員名簿の作成、書籍等の出版および講座・講演会等の開催
5.各種研究調査
6.その他上記に関連する事業

第2章 会員および客員
第5条 本会の会員は次の通りとする。
1.東京女子大学卒業者および大学院修了者
2.東京女子大学に修業年限の2分の1以上在学した中途退学者で、会員となることを希望し、本会理事会の承認を受けたもの。
第6条 会員は本会の定めるところに従い会費を納めなければならない。
第7条 本会と特別の関係あるものを、理事会の決議によって客員とすることができる。

第3章 役員・支部長・級幹事
第8条 本会に次の役員をおく。
会長 1名
副会長 2名
理事 18名
監事 2名
第9条 東京女子大学長および本会のために特に功労ありと理事会が認めたものを名誉理事にすることができる。
第10条 役員は総会において選任する。
総会は役員を選任するため必要と認めたときは、役員選考委員会を設け、その委員を定期総会において選任することができる。委員の数は10名以上でなければならない。ただし現任の役員は、役員選考委員に選任されることができない。役員選考委員の任期は、次の定期総会において新たに選考委員が選任されるまでとし、再選されない。
第11条 役員の任期は、1期3年とし、連続2期を越えることはできない。理事は毎年その3分の1を改選する。役員は任期満了後も後任者の就任するまでその職務を行なわなければならない。
第12条 会長は本会を代表し、会務を総理する。
第13条 副会長は会長を補佐し、会長が欠けたとき、または事故あるとき、その職務を代行する。
第14条 理事は本会の会務を行なう。
第15条 監事は会計および財産の状況を監査し、理事会に出席して意見を述べることができる。
第16条 支部長は各支部において選任され、総会および支部長会に出席しなければならない。
第17条 級幹事は学級ごとに選出され、総会および級幹事会に出席しなければならない。

第4章 理事会
第18条 理事会は、会長1名、副会長2名および理事18名をもって構成する。理事会は、理事の中から常任理事若干名、書記若干名および会計2名を互選する。
第19条 理事会は毎月1回会長がこれを招集する。
会長は必要と認めたとき理事会を招集することができる。
会長は、理事の3分の1以上から会議の目的および理由をかかげた請求があったときは、理事会を招集しなければならない。
第20条 理事会は過半数の出席がなければ開くことができない。理事会の議長は会長があたる。
理事会の議事は出席者の過半数をもって決する。可否同数のときは議長が採決に加わる。
第21条 理事会は各種の目的を達成するために必要と認めたときは、委員会を設けることができる。
第22条 理事会は次の事項について審議する。
1.総会に提出する議案に関する事項
2.総会から委任された事項
3.会計に関する事項
4.会有財産の管理に関する事項
5.職員の任免、待遇に関する事項
6.支部の設置に関する事項
7.その他常任理事会において必要と認めた事項
第23条 理事会で決すべき事項について、会長が理事会を招集するいとまがないとき、会長は応急の措置をとることができる。ただし会長は次の理事会において承認を受けなければならない。
第24条 理事会は、学校法人東京女子大学寄付行為評議員選任の項により、本会代表として会員の中から、学校法人東京女子大学評議員を選出する。

第5章 総会
第25条 定期総会は毎年6月に会長がこれを招集する。
臨時総会は理事会が必要と認めるとき、会長がこれを招集する。
第26条 会長は総会から2週間前に、総会の日時、場所および議案を会員に対し通知しなければならない。ただし急を要する場合はこの限りでない。
第27条 総会の議案は理事会が提出する。
会員は60名以上の同意を得て議案を提出することができる。議案を総会の1か月前までに理事会に提出することができる。
第28条 総会は会員が委任状を含め300名以上出席しなければ開くことができない。
総会の議長は会長があたる。会長が欠けたとき、または事故あるときは、副会長が議長となる。
総会の議事は出席した会員の過半数をもって決する。可否同数のときは議長が採決に加わる。
第29条 総会で決すべき事項について総会招集のいとまがないとき、理事会が代って決議することができる。ただし会長は次の総会において承認を受けなければならない。
第30条 総会は次の事項を審議する。
1.予算の議決、決算の承認に関する事項
2.重要な会有財産の処分に関する事項
3.会費に関する事項
4.役員および役員選考委員会の選出に関する事項
5.会則の改正に関する事項
6.規則の制定および改廃に関する事項
7.その他理事会が総会に付議する必要があると認めた事項

第6章 会計
第31条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
第32条 本会会員は会費を次に定める方法により納める。
1.会費は総会で定める金額を毎年会計年度末までに納める。
2.会費は会員の希望によって10年分を前納することができる。その期間中に会費の値上げがおこなわれても追加徴収をしない。
3.昭和42年度以降の会員は、卒業時に10年分の会費を前納するものとする。
その期間中に会費の値上げがおこなわれても追加徴収をしない。
4.会費納入は50年間の完納をもって終了するものとする。
5.第5条第2号により入会を希望する会員は入会金を納めなければならない。
いったん納入した会費は、返還しない。
第33条 削除
第34条 会長は定期総会において、決算の承認および予算の議決を求めなければならない。
監事は総会において決算について監査報告をしなければならない。

第7章 会則の改正
第35条 会則は、総会における出席会員の3分の2以上の決議をもって改正することができる。

付則 1.本会会則は昭和48年6月23日に発効する。
2.この会則発効の際の現任の理事はこの会則の理事となる。ただしその任期は旧会則の理事の残任期間とする。この会則発効の際の理事長はこの会則により会長が選任されるまで会長の職務を行なう。
3.総会はすみやかにこの会則による会長・副会長2名、監事2名、定員をみたすに必要な数の理事を選任しなければならない。
4.この会則は昭和51年6月5日にその一部を改正する。
5.平成5年6月12日に会則第33条を削除する。
6.平成20年6月21日に一部改正する。
▲ ページの先頭へ戻る