ホーム > 同窓会の活動 > 自主グループ

自主グループ
自主グループからのお誘い

  

◇72年館を拠点に活動しているグループはこちら

◇「翻訳実習グループ」受講参加のお誘い
平成23年1月より、翻訳実習グループが始まりました。
北條文緒本学名誉教授の指導のもと、比較的平易な作品の翻訳の実習をおこないます。しばらく英語から遠ざかっていた人のために、文法の復習も取り入れ、希望者には簡単な英文を書くエクササイズもおこないます。
毎月第4金曜日、13時30分から約2時間。 場所は72年館です。
受講をご希望の方、詳しい内容をお知りになりたい方は、同窓会事務局までご連絡ください。

◇コーラスはなみずき  指導 金谷千久紗
  開催:火曜日午前(月3回程度)    全10回   会費15,000円

◇ボナール・フランセ  講師 久米あつみ
  開催:金曜 10時から12時(月2回)    フランス語講読 (旧約聖書)

◇カウンセリング研究会
  講師:杉渓一言 (日本女子大学名誉教授、日本カウンセリング協会会長)
  開催:毎月第4金曜 10時30分から12時30分
  自分を知り、他人を知り、自由に生きるための学びあい
 


◇72年館を拠点に活動しているグループ一覧

 

  名 称 内 容 日 時
1 同窓会数専会 会員の親睦と教養の向上 毎年6月総会 月1回幹事会
2 コーラスはなみずき コーラス 毎週火曜午前
3 茜会 俳句 第2火曜午後
4 ふたば会 マンドリン 年2回4、10月
5 Ms. Dodd  English Circle 英会話 月2回
6 音訳グループ「桜会」 朗読奉仕研究 年10回
7 カウンセリング研究会 体験学習 月1回金曜午前
8 ボナールフランセ フランス語講読 月2回金曜午前
9 白塔会 俳句 月1回午後
10 みずき会 結婚相談 第2・4日曜
11 連句の会「窓」 連句実作 第3土曜
12 西野会 英語講読 第1金曜午前
13 バッハ研究会 バッハ研究 月1回火曜午後
14 CLIPネットワーク

心理臨床職に携わっている同窓生相互の

交流、情報交換及び研修会

年に1,2回
15 TWOキャリアネットワーク(略称TCN) 仕事やボランティア等社会と関わる同窓生の親睦 年1回
16 MYパソコン教室   第1・3水曜午前
17 EXCELでつくるパズル講座   第2金曜午前
18 シニアパソコン教室 シニア初心者のためのパソコン勉強会 第1・3火曜午前
19 プラムパソコン   第1・3木曜午前
20 あかね読書会 古典読書会 年6回火曜
21 カンターテ・ドミノ牟礼 コーラス 第1日曜午後
22 コントラクト・ブリッジ愛好会 コントラクト・ブリッジを楽しみながら学ぶ 月2-3回
23 コーロ・ベラ コーラス 月2回水曜午前
24 柚子の会 基礎数学勉強会 月1回
25 数専会多面体クラス 多面体展開図作成 月1回
26 翻訳実習グループ 英語翻訳の実習 毎月第4金曜日午後
27 SSセミナー 社会科学関連の読書会・見学会 6月総会・講演会、秋に研修会他

カンターテ・ドミノ牟礼 第20回クリスマス・コンサート

↑ 終了しました

2016年 12月17日(土)15:30開演(15:00開場)

於チャペル 指揮:川村悦子 ピアノ:沢地尚子 管弦楽:神奈川フイルハーモニーよるアンサンブル

曲目:ヴィヴァルディ「Gloria」/バッハ「Wohl Mir,dass Ich Jesum Habe」/「Wir eilen」/クリスマスキャロル 他

全席自由 1,000円 



SSセミナー報告

 

SSセミナーの総会が2016年6月11日土曜日に72年館で開かれ、決算 活動報告などすべての議案は承認されました。

残念なことに、会発足当時から活動を続けていた練馬グループが活動を中止することになりました。

 

続いて卒業生の茨城大学准教授長田華子さんによる「990円のジーンズがつくられるのはなぜ?」と題する講演がありました。

 

今やだれもが着ているファストファッションと呼ばれる洋服は人件費の安いバングラデシュでつくられています。そして繊維産業は、今やバングラデシュの基幹産業になりつつあります。しかしそこで働く女性たちの賃金は1か月400円と低く、また労働環境も劣悪です。

現在バングラデシュは中国に次ぐ世界第二の衣料品輸出国となり、世界から注文が殺到しています。バングラデシュの経済を左右するほどに成長した産業ですが、その裏には厳しい価格競争、納期の厳しい無理な注文を受けざるを得ないなどにより、労働者の低賃金、長時間労働が生み出されているのです。

洋服からもグローバル化した世界の現実が浮かび上がってきています。もう一度990円のジーンズに込められた様々な現実を認識していただきたいと思います。

 

お話の内容は、写真も取り入れられて、わかりやすく、かつ勉強になる内容でした。先生は、「今までの講演の中で、温かい雰囲気に包まれ一番楽しく話せました」と、笑顔で感想を述べられました。

 

 

秋のSSセミナー研修会は

 

2016年10月7日(金曜日)11時より北鎌倉の東慶寺で行います。

高木侃氏の講演「江戸の離婚 - 三下り半と縁切り寺」を予定しています。

 

詳しいことは同窓会事務室までお問い合わせください。


DSC00828SS.jpg  DSC_1192.JPG


SSセミナー 2015年10月 秋の研修会報告

 

 秋晴れの下、10月14日(水曜日)に秋の研修会が行なわれました。今年は防衛省を見学しました。

まずグランドヒル市ヶ谷のレストラン「サルビア」で昼食をとりました。柔らかなビーフステーキに舌鼓を打ちながら、旧交を温めました。

そこから5分ほど歩いて防衛省の正門につき、身分証明書の確認を行い、入館証を首にかけました。一人一人入館証を機械にタッチして、ゲートを通り中に入ります。再度担当者の下に集合し、人数確認をしました。とてもチェックが厳しく、正門前には何人もの守衛さんが、出入りの度に門を開閉している姿が見受けられました。

防衛省のあるところは台地になっており、エスカレーターに乗って建物群のところまで行きます。上に着くと、緑青色をした庁舎群が目に飛び込んできます。儀仗広場を通り、庭の灯篭のからくり(第二次大戦の地下壕の空気抜き)を聞きながら、歴史的建築物として移築復元された市ヶ谷記念館に向かいました。この建物は、従来の建物より小さいですが、陸軍士官学校の講堂として建てられた講堂が1階にあり、それは昭和21年から極東国際軍事裁判(東京裁判)の法廷としても使われたものです。そこには様々な資料が陳列され、その講堂で戦前からの市ヶ谷の歴史などのビデオも見ることができました。そのほかにも、三島由紀夫の刀痕が残る旧陸軍大臣室や、昭和9年の特別演習時の3,800人の将校の顔がはっきりと映っている写真が飾られている便殿の間を見学しました。

参加者の方々は、それぞれの考えがありましょうが、東京裁判が開かれた場所を見たり、様々な資料を見たりすることにより、歴史を振り返り、何かを感じていらしたようです。

防衛省の門を出て、ふと見上げると木々も色づき始め、さわやかな風を感じました。


SS-201511-1.JPG              ss201511-2.JPG


SSセミナー活動報告

 SSセミナーとは?

SSセミナー(Social Science Seminar)は、社会科学の好きな同窓生の集まりです。

SSセミナーはSocial Scienceを略し、会の名称としました。

SSセミナーは5グループに分かれて読書会や様々な活動を行っています。

SSセミナーは、年一度秋に合同の日帰りツアーを行います。

今まで国会、日銀、隅田川クルーズなど様々なところを見学してまいりました。

さて今年は?        詳しくはこちら



▲ ページの先頭へ戻る