ホーム >同窓会について > 72年館だより過去一覧 >春の再会のキャンパスに思う

春の再会のキャンパスに思う

2012年05月09日

 

4月7日の「卒業後50年お花見の会」と29日の「園遊会」はいずれも好天に恵まれ、満開の桜と耐震工事後装いを新たにしたチャペルなどに迎えられて盛大に行われた。昨年の大震災の影響で2年ぶりの開催となったせいか参加者が特別に多く(前者300人余、後者3000人ほど)、再会の喜びもひとしおであったようだ。長い間キャンパスを離れてそれぞれの人生を歩いてきた人々が校門を入ったとたんに身も心も若き東京女子大生に戻る(少なくとも本人達の気持ちとしては)様子は見事なものであった。寮生時代「列長(れっちょう)―列子(れつっこ)」の関係で特に親しかった下級生たちは70年の人生経験の厚みを養分にして堂々たるレイディになっておられたが、しばらく話していると彼女らの初々しい新入生時代の面影がよみがえってきた。
あれから1週間のあいだにソメイヨシノやヤエザクラの華やかな装いは姿を消して、キャンパスは柔らかい新緑に覆われている。目を惹くのは地面を白や紫に染めているハナニラやショカツサイ(ムラサキダイコン)の群生である。そういえば筆者の学生時代あちこちに見られたハルジョオンの群生はどこにいってしまったのであろう。杉森エイ先生によると、このキク科の植物はアメリカ原産であったらしい。寮生たちは「ビンボウグサ」などと失礼なあだ名で呼んでいたが、薄いピンクがかった無数の小花が一面に咲いて風に波打つ姿は美しかった。50年も経つと植生にも変化があるらしい。
お花見の会の後、ある方から次のような便りをいただいた。「七十三歳にもなると、人間が時代や人間関係の空気を読んでクルクル変わることにたいへん疲れます。ソビエトからロシアへの変化をいやというほど見てきた私には(あいかはらずの)懐かしい先輩でした」。激動する時代の荒波の中でも未来を見据えてしっかり立つことの大切さと困難さを改めて教えていただいた。

                                                                                                                                                 

                                                                                                                                                                                          一柳やすか    

参考 「草創期」杉森エイ(『東京女子大学東西寮六十年』東京女子大学)


4月29日園遊会にて

1204290073hp.JPG  1204290117hp.JPG
福田先生 「キャンパスの植物探訪」 「野点」

 

花ダイコンと花ニラ 

20120512.jpg

 

▲ ページの先頭へ戻る