ホーム > 行事・催し > 2009年度 新渡戸稲造先生・安井てつ先生の足跡をたどる旅 ー札幌ー

2009年度 新渡戸稲造先生・安井てつ先生の足跡をたどる旅 ー札幌ー

 2009年9月6日~8日
 2泊3日の北海道への旅は、東京方面からの参加者40名に北海道支部の22名が部分的にプログラムに加わり、無事終了しました。
 交流会では、北海道支部が続けてきた安井先生の研究「てつ学入門」のミニ発表が行われました。さらに、北大大学文書館による特別展示や総合博物館の見学、新渡戸先生ご夫妻が設立した「遠友夜学校」についての講演会等、テーマに沿った行程が支部によって企画され、大変充実した旅になりました。新渡戸先生・安井先生の精神が、北海道在住の同窓生の中に今なお生きていることに感銘を受けるとともに、支部と北大関係の皆様のご支援とゆきとどいたおもてなしに、心から感謝いたします。
 この旅を通じ、両先生の存在を身近に感じることができたわれら旅人は、「基督の心持」と「サムシング」がこれからも引き継がれていきますようにとの思いを強めました。
 ここにご紹介した写真の参加者それぞれの笑顔から、旅での出会い、発見と感動を共有してください。
                          
ー1日目 羽田空港出発
ht023.jpg   北海道大学の正門を入ると、
メリー夫人が寄贈した
樹齢100年にもなる
ハルニレがそびえています
クラーク像の前で全員集合   ht031.jpg
ht0411.jpg   ht0421.jpg
北大総合博物館(元は理学部校舎)   准教授・湯浅万紀子さん(東京女子大学出身)
による見学ガイダンス
ht052.jpg   北大構内にある新渡戸先生の胸像
北海道支部主催の交流会
(北大ファカルティハウス・エンレイソウにて)
  ht061.jpg


ー2日目
ht081.jpg   安井先生の来札時に晩餐会が開かれた
豊平館を見学
遠友夜学校記念室。
教室の教卓には新渡戸先生が!
  ht091.jpg
ht101.jpg   北大大学文書館による特別展示「東京女子大学と北海道大学を結ぶ人々─佐藤昌介・新渡戸稲造を中心に─」。新渡戸先生の講義ノートや書簡など、貴重な資料を公開していただきました
遠友学舎にて、
北大名誉教授・三島徳三氏による講演
  ht111.jpg
ht1211.jpg   ht1221.jpg
札幌農学校第二農場。清々しい緑の中に赤いトタンの屋根が映えて。
北海道支部の皆さんとはここでお別れ。大変お世話になりました

ー3日目

ht142.jpg   ht152.jpg
小樽に足を伸ばし、日銀旧小樽支店の
金融資料館を見学
  小樽の名所のひとつ、運河をバックに
 

 


▲ ページの先頭へ戻る