ホーム > 行事・催し > 2009年青木 玉講演会「着物いろいろ」

2009年青木 玉講演会「着物いろいろ」

 

  10月3日(土)14:00~16:00 

    

心配された朝からの雨も昼過ぎにはあがり、新棟二階の大教室に157名の出席者をお迎えして、青木玉講演会が開かれました。 もう10月 、袷の時期だけれど、もし気温が28度以上だったら単衣で、また雨ならこの着物晴れならこちら、とご準備なさったその日のお召し物は袷、濃い目の藍のお着物、帯はベージュに緑系の格子柄。お背の高さにすっきりとお似合いでした。
 お母様のこと、終戦後の女子大で解放された空気を味わったこと、カリフラワーのようだった本館前の芝生の松が今は育ってしまってと、次から次に興味深いお話が続きました。そして着物はもっと自由に着て楽しんでいいとのお話に、着物の約束事に疎くなっている参加者は、なんとなくほっとした様子。
 講演終了後、一人一人に「今夜は十五夜」と入れてくださったサイン会では、長蛇の列ができました。
暮れ行く空には、中秋の十五夜お月様がうすく浮かび、帰路をたどる参加者を見守っていました。


at013.jpg  at023.jpg
   
 at033.jpg  at042.jpg

▲ ページの先頭へ戻る