ホーム > 行事・催し > <報告>高樹のぶ子講演会 

<報告>高樹のぶ子講演会 

      日時 2011年7月17日(日)14:00 ―15:30

   会場 東京女子大学 牟礼記念ホール(25号館) 

 

九州大学特任教授の他、芥川賞選考委員を務めていらっしゃる高樹さんには、選考委員会で上京なさる日程に合わせて、母校創立100周年に向けて講演をお願いしましたところご快諾くださり、この日の開催となりました。ご多忙の中はるばる九州からお越しいただき感謝申しあげます。

当日は大学主催のオープンキャンパスが実施されておりましたが、本講演のために牟礼記念ホールを会場として提供してくださった大学側のご配慮に感謝申しあげます。同ホールは、大学キャンパス整備計画の一環として牟礼のチャペルそのままにデザインされており、ここに牟礼ご出身の高樹さんをお迎えできたことは、まことに喜ばしいことでした。

同窓生の他に現役の学生さんや、オープンキャンパスにいらした親御さん、男性の方など多彩な参加者を前に、日ごろ見聞する機会の少ないアジアの女性たちの現実についてお話くださり、貴重な学びの時を得ることができたと好評をいただきました。講演後のサイン会は長蛇の列となりましたが精力的にこなされて、魅力に富んだ高樹さんのお人柄に接し、満ち足りた思いの中、散会いたしました。

猛暑の中、ご来場くださった皆様、ありがとうございました。

 

 同窓会副会長・企画委員長 重政明美

 

 (講演内容については9月15日発行の会報53号P.13をご覧ください) 


 

 IMG_1037s.jpg    RIMG0364s.jpg
                                  牟礼記念ホール入り口                                                会場風景 

▲ ページの先頭へ戻る