ホーム >  支部  > <報告>愛知支部総会

<報告>愛知支部総会

2012年5月26日(土曜日)晴れ

 名古屋市内のホテルオークラレストラン「桃花林」にて定例の支部総会を開催いたしました。45名の方にご出席いただき、午前中は、元NHKアナウンサーで現在もフリーアナウンサー兼十文字学園女子大学客員教授としてご活躍の好本恵さんに『それぞれの生涯現役、言葉の力を信じて』という演題で講演をして頂きました。

 好本恵さんの講演では、さまざまな難問にぶつかりながらも、女性ならではの経験に基づく〈しぶとさ〉〈たくましさ〉で困難を乗り越えつつ、お仕事を続けてこられた強さとしなやかさに感銘を受けました。好本さんが人生の節目に大切な人たちから贈られた『ことばの花束』の数々は、講演を聴いていた私たちにも素晴らしいプレゼントになりました。とりわけ「いくつになっても生き生きと生きて行くために、貢献と学びの精神を」という言葉は、もうすぐ還暦を迎える私にとっては今後の生き方の指針として大切にしたいと実感いたしました。角田光代の『さがしもの』の朗読では、『いつだってできごとよりも言葉の方がこわい』という一節が心に留まりました。

 

 講演終了後は、支部総会、中華料理での昼食会へと会は進み、初めて同窓会に参加された若い同窓生も、近くの席の方と和気藹々とお話しをされ、会場は和やかな雰囲気に包まれていきました。最後に高校生のクラス会のような若やいだ雰囲気の中、全員の写真を撮りました。 


愛知DSC01171cut_1.jpg


▲ ページの先頭へ戻る