ホーム >  支部  > 〈報告〉2016年11月7日 「秋の集い」兵庫支部

〈報告〉2016年11月7日 「秋の集い」兵庫支部

 

 立冬とは思えない文字通りの小春日和の一日、大阪支部や和歌山支部からのゲストもあわせ、気分は女子学生のままの35名が、神戸灘五郷の酒蔵の一つ「酒心館」に集いました。

庭内の山田錦(酒米)の小さな田んぼには、刈られた稲穂が干されまさに収穫の秋です。

このような自然の営みと深くかかわる酒造りの歴史を学び、ノーベル賞の授賞式の場にも供される「福寿」の利き酒なども試していただきました。

酒蔵は昔から地域の社交場でもあったよし、近況報告をかねて、健康法や美容の秘訣を披露してくださる方もあり、和やかに笑い声の絶えない食事会となりました。

 

お話の端々に、変わらぬ向学心や、「奉仕と犠牲」の思いがうかがえました。

散会後は、さらに興味・体力に応じて、「スイーツ」チームや「スイーツと見学」チームに分かれ、阪急御影周辺の見所を巡りました。

 

 

image003.jpgimage005.png  hyougoimage001.jpg

 

 有名パティシエのお店が多い東灘では、ブドウやイチジクなど秋の味覚をふんだんに使ったケーキが美味しさを競います。

スケートの羽生結弦選手がお参りしたことで話題の「弓弦羽神社」も駅から徒歩圏内。

境内には優勝を祈願するファンからのたくさんの絵馬が並んでいます。

サッカー発祥の地に因んで御影石で作られたサッカーボールのモニュメントもあり、ヴィッセル神戸やINAC神戸レオネッサの選手たちも訪れているそうです。

神社のすぐ隣にある香雪美術館で「芸術の秋」を堪能したり、一駅先まで足を延ばして、日本家屋を改装した趣のあるカフェでティータイムを楽しんだ方々もいらっしゃったそうです。

 

「いい一日でした」「初めてだけど、来てみてよかったわ」と言っていただけて、幹事名利です。

来年9月には神戸で関西園遊会開催の予定です。全国の皆様も是非一度、兵庫・神戸にいらっしゃいませんか?

                                                                                                             兵庫支部長 佐々木朝子


   image007.jpg     image009.jpg image011.jpg


▲ ページの先頭へ戻る