ホーム >  支部  > <報告>2013年熊本支部新年会

<報告>2013年熊本支部新年会

 

熊本支部恒例の新年会が1月19日(土)にホテル熊本テルサにて開催され、24名の同窓生が集まりました。

会の前半では、同窓生の常葉俊子さん(1963年史)にゲストスピーカーをお願いし、お話を伺いました。常葉さんは昨年まで41年間熊本に住んでおられました。ご主人のお仕事で熊本へ移ってこられ、5人のお子さんを育てながら、外国人留学生に日本語を教えたり、ボランティア活動に参加されるなど多岐にわたって活躍されてきました。お話は少女時代から始まり、東京女子大学での学生生活、米国留学の時の体験、ご結婚、熊本での生活など、ユーモアや様々なエピソードを交えながらのとても内容の濃いものでした。様々なご活躍を興味深く伺った一方で、子育てに悩まれた時のお気持なども正直にお話しくださったことが、同じ女性として、同窓生として参加者一人一人の胸に深く残ったことと思います。

後半は、お食事をいただきながら、今年の新年会の会場、熊本テルサの中川浩次さん(日本ソムリエ協会認定シニアワインエキスパート、CPA認定チーズプロフェショナル)のお計らいでフランスのサントモール・ド・トゥーレーヌというチーズ(山羊のチーズ)をいただきながらチーズのお話を伺いました。

今回も大変和やかで楽しい会で、初めて参加してくださった20代の同窓生もいて、役員として嬉しい限りでした。ありがとうございました。

熊本支部長 野田涼子(69教)


kumamoto1.jpg

kumamoto2.jpg


▲ ページの先頭へ戻る