ホーム >  支部  > <報告>第17回千葉支部総会

<報告>第17回千葉支部総会

 

 2017年7月1日(土)、京葉銀行文化プラザ(千葉市中央区)に於いて「第17回千葉支部総会」が開かれました。

県下から集まった同窓生は、1949年卒の大先輩から、2017年卒のホヤホヤの卒業生まで約80名。ここ数年では最高の参加者数でした。

 校歌に続いて小島洋子さんによる礼拝(讃美歌461番 聖書 詩篇139篇 1節から6節 祈祷)。支部長の私からは6月17、18日開催の同窓会定期総会と支部長会のご報告をもって挨拶とさせていただきました。

 議事は活動案、予算案共、満場一致の承認を得、新役員の紹介と承認を得て、支部だより(5月発行)でのご案内から注目を集めた東京女子大学現代教養学部人文学科日本文学専攻中野貴文准教授による「海の都の物語」のご講演に移りました。日本人にとっての「海の物語」。映像を交えての浦島太郎や平家物語のお話は実に興味深く、面白く、1時間はあっという間。皆、学生時代よりも(?)熱心に聞き入っており、第2部の懇親会の時間にも先生への質問は後を絶ちませんでした。先生はどの質問にも丁寧にわかりやすく答えてくださり、そのスマートさとお人柄に皆魅了されました。

 続いて、今年度の“千葉県の良さを再発見しよう企画”の数々(※詳しくは千葉支部ホームページをご覧ください)を担当の役員からご案内しました。さっそく申し込んでくださる方や、各テーブルでも話が盛り上がる中、会場からぜひ記念写真を!の声が上がり、中野先生を囲み、全員でカメラに収まりました。

和気あいあい、最後の最後まで熱気に包まれた楽しい総会となりました。

 

                         千葉支部長 沖元早苗


     千葉支部写真左側.JPG   千葉支部写真右側.JPG


▲ ページの先頭へ戻る