ホーム >  支部  > <ご案内>11月17日滋賀支部例会

<ご案内>11月17日滋賀支部例会

2018年度東京女子大学同窓会滋賀支部例会のご案内
(滋賀支部以外の同窓生もご参加いただけます)
 
 今年は猛暑が続き、大型台風や地震などの災害も次々とやってきて、直接被害がなくとも、心身ともにお疲れになった方が多いことと存じます。秋の半日、大津市に在ります紅葉の美しい石山寺で、同窓生と共にゆっくりお疲れを癒やしていただきたいと願い、下記の要領で滋賀支部例会を開催いたします。是非、ご参加くださいませ。
 
 
 
 日時: 11月17日(土) 12:00 受付
              12:30から13:30 滋賀支部総会および昼食会
              13:30から15:00 ワークショップ 
                    「印仏体験」と「平安時代の装丁体験」
 場所: 石山寺内、拾翠園または世尊院 詳しくはこちら
 会費: 4000円 (当日、受付で頂戴いたします。)
     内訳:1000円(入山料、紫式部展観覧、本堂内陣拝観、ワークショップ)
        3000円(お弁当代)(料亭「新月」の「式部弁当」)
 
「印仏」とは仏教版画の一種で、木に観音菩薩や地蔵菩薩といった仏様のお姿を彫って、スタンプのように紙に押すことで、平安時代に始まり、鎌倉時代に入ると、お坊様が毎日の修業として行ったり、亡くなった人の追善供養のために作ったり、また、印仏自体をお守りとするようになりました。今回は、仏様のお姿が彫られたハンコで、栞作りを楽しみます。
 
石山寺には奈良時代から江戸時代までに書写された経典「石山寺一切経」などが伝来しています。それらは巻物や糸で綴じた物など、装丁も様々です。今回のワークショップでは、平安時代に行われていた粘葉装(でっちょうそう)という方法で実際に本を作ります。
 
ワークショップの後は、15:00頃散会としますが、16:45の閉門まで、紫式部展観覧や本堂内陣参拝など、各自、自由にお楽しみ下さい。出欠につきましては、11月2日までに、滋賀支部の方はお送りしましたご案内状に同封した葉書でお知らせください。余白の部分に、近況やご意見などお書きいただけましたら、幸いに存じます。滋賀支部以外の方は、メールでお申込みください。
                      支部長 鵜野ひろ子 hirouno@zeus.eonet.ne.jp


▲ ページの先頭へ戻る